坂詰克彦のブログ

怒髪天のドラムス、坂詰克彦のブログです。ご当地パンリサーチ、ビジネスホテルの朝食探訪、各地スーパーのレジ袋収集、オカルト、デカ盛り鑑賞、二郎系ラーメン探訪、鉄塔撮影等、マニアックな趣味を綴るブログ

Hyperuricemia / 高尿酸血症 Vol.2

電磁波まみれだ!   ちゃん坂です。

                         𓁿

 

自分はこれまで3度の痛風発作を経験した。

 

馬鹿みたいな激痛に、気を失いたいと思った。

 

そして、タイミング的には、3度ともライヴへの最悪の影響が非常に懸念される状況であった。

 

しかし、信じられない程の強運に助けられたと云うくらいに、その窮地を脱することが出来た。

 

どのような状況であったかー!…

 

f:id:chan-saka:20181119153723j:image

 

先ず、12年ほど前の初発作時を思い起こしてみよう。

 

朝から左足首に、振ったり回したりしたら「ピキッ」といって治りそうなタイプの軽い違和感を感じていた。

 

その日は12時頃から、3日後に待ち構えている名古屋でのライヴのためのリハーサルがあった。

 

滞りなくリハを終えて、18時頃に最寄りの駅へと向かう。

 

違和感のかなりの増大に、左足をかばい、軽く引きづって歩く。

 

f:id:chan-saka:20181119155231j:image

 

こいつぁ、何か異常な事が起きてるな…と云う不安に駆られる。

 

その晩から明け方にかけて、違和感は激痛へと変化していったのである。

 

朝イチで這って病院へ!

 

足首のレントゲンを見て

痛風ですね。」

と、医者が軽くニヤリとして仰られた。

 

f:id:chan-saka:20181119155330j:image

 

特にアドバイスも無く、「よく読んで。」と、痛風発作発症者用小冊子を渡されて診察室を出る。

 

その後、受付にて会計時に保証金を預け、アルミ製の松葉杖をレンタルして病院を後にした。

 

f:id:chan-saka:20181119155412j:image
f:id:chan-saka:20181119155408j:image

 

その時の自分の体重は約95キロあり、写真を確認すると相当なヤバイ感に駆られるコトウケアイではある、気もする。

…、パンパンだったなぁ。

でも自分では否定していた。その為、Tシャツは絶対にMだったがね!

 

f:id:chan-saka:20181119155503j:image
f:id:chan-saka:20181119155507j:image

 

そんな具合で、ここはこの世か⁉︎ な激痛に悶絶しながら、明後日のライヴへの不安が頭をよぎる。

 

兎に角今は耐えるしかない!と、処方されたボルタレンゲルを塗る。

が、その塗る行為がまた、激痛に激痛を重ねる訳であった。しかし、息を詰まらせながらも何とか塗布していた。

 

ライヴがある明後日までに、この痛みが消えるなんて事は有り得ない ‼︎ と、確信すると、焦りで冷や汗が…‼︎

 

f:id:chan-saka:20181119155547j:image

 

そして、その翌朝である。

 

起床した時、痛みが和らいでいるのに気づいた。

寝床に入った時は、相変わらずの耐え難き痛みであったが、いつの間にか寝入っていたと云う事は、その辺りから痛みが和らいで行っていたのであろうと思われる。

 

それにしても激痛には変わりはなかったので、先ずは安静を続けていたワケであるが、夕方ぐらいになるとハッキリと症状の緩和を感じられるようになって来ていた。

 

ジンジンとはしているが、体重をかけなければ痛みは少ない。全然治ったわけではないが、正に死の直前に楽園まで辿り着けたぐらいの安心感に包まれた気がした。

 

f:id:chan-saka:20181119155640j:image

 

その後も痛みは引いていき、夜半過ぎにはかなりの回復を見せていた。

黙って居れば全く痛みは感じない。安堵に満ちた花園で爽やかな微風が頰を撫でている。

 

そんなこんなで、名古屋ライヴの為に出発する当日がやって来た。

 

患部の状態は…!

 

f:id:chan-saka:20181119164020j:image

 

全く問題は無かった。

流石に完璧では無かったが、痛みは殆ど無く、歩行にも問題はない。

だが、負担をなるべく減らす為に松葉杖は使っていた。

 

ライヴ本番も、痛みで演奏が儘ならぬ事もなく、いつも通りに出来た。

この時ほどホッとした時を知らない。

 


f:id:chan-saka:20181119160420j:image

f:id:chan-saka:20181119160411j:image

 

痛風発作の痛みは、大概は2週間程に渡ると云う事であるが、それが2日で治まったなんてのは、奇跡と言っていい程だった。

 

痛風発作発症時に於いて、見えざる守護の手の存在を強く感じた最初であったのである。

 

           ————————  ❂  ————————

 

「僕の痛風発作」第2回は如何でらしたでしょうか?

第3回もご期待下さいませ ⁉︎

 

イェイイェイ !   チェケラチョ ‼︎

 

f:id:chan-saka:20181119151333j:image

 

   ☆Instagram 

https://www.instagram.com/telezume

 

 

 

 

 

             

 

 

Hyperuricemia / 高尿酸血症 Vol.1

門を開けろ!. . .   ちゃん坂です。

 

喉元過ぎれば感覚に甘え気味の日常を過ごしていると、結果的に「そりゃそうだろうな!」なんて事が良く起きたりもする。

 

誰にでも「いい加減」という都合のいい解釈の部分が少しはあるものであると思うが、先ずはその程度に依るところが大きいのではないだろうか。

 

f:id:chan-saka:20181107212656j:image

 

そんなワケで、先月末に「高尿酸血症」に依る3度目の痛風発作に見舞われた。

 

しかも、今回の発症部分は、Bass Drumを1小節で8分音符だと最大8発ぐらいは鳴らさなければならない、ボトムの要である右足首だ ‼︎

 

そして、その日の午後には、 ライブ本番が待ちに待ち受けまくっている ‼︎ …

という状況だった。

 

f:id:chan-saka:20181107212735j:image

前日に、先ず何となくの違和感を足首に感じた。

がしかし、牛乳 & コーヒーを毎日摂取(民間療法)し、野菜も大目に摂っているという状況もあったので、

「いやいやまさか…。」と、気にせずで居た。

 

で、ベッドに横になって海外ドラマ(ゲーム・オブ・スローンズ)を真剣に鑑賞していたところに、いつしか右足首の違和感は増していき、遂には段々とした痛みの増幅を感じるに至るのであった。

 

「もしかして、これは非常にズイマなことになったのではないかな ? 」

 

そう思った時、久しぶりに身体中の血の気が引いた。

恐らくその時の顔色は、笑えるほど真っ青になっていたんだろうなぁ…。

鏡を見ときゃ良かったかもしれない。

f:id:chan-saka:20181107212836j:image

焦り始めた頃にも、痛みの増幅は非情にもその進行を止めやしないわけだが、痛みを確認出来るのは刺激を与えた時だけであったので、右足を床についたり立ち上がったり、そして、足首を左右に捻るなどの動作によって痛さを確認していた。

 

ただ、患部の発熱と違和感のむずむず具合は、深刻なる危機感を覚えるには充分過ぎる程ではあった …。

f:id:chan-saka:20181107212914j:image

少し冷静に考えてみた。

夜にライブがあるのに演奏出来ないワケにはいかない。

先ず、何をどうするか。

 

痛みの感じ方の状況からして、これはもしかしてと思い、椅子に腰掛けてドラムを演奏する時の体制を作る。

 

体勢を作った後、落ち着くまでの3秒くらいは痛みがあるが、それをやり過ごすと問題はない状態だ。

 

恐る恐る爪先を上下させる。

少しの痛みはあるが、大丈夫のようだ。

「こいつぁ、もしかして…‼︎ 」

 

今度は足の先側を置き、踵を浮かせて足全体を上下させる。

 

「捻らなければ問題ねえ ‼︎ 」

f:id:chan-saka:20181107213146j:image
f:id:chan-saka:20181107213142j:image

歩くのは困難だが、キックペダルを操作するのは可能だと?

信じられん ! と、思いながら驚嘆と歓喜で馬鹿笑いが飛び出しそうになったが、敢えて大マジな顔を作った。

眉間にシワ有りだ。

 

何とかなると確信した俺は、兎に角痛みの増幅を抑えるべくの行動に出た 。

 

常備してあるボルタレンを塗る(べっとりと ! )。

浴槽に水を張り、足首を冷やす(この時期は充分冷たい ! )

ただのこれだけだが、適当なタイムででこれを3回繰り返した。

それからインターバルを置いて再びめ

 

そして、効いたんだな、その処置がよ。

 

f:id:chan-saka:20181107213810j:image

 

痛風発作と言えば、だいたいは関節(親指付け根、足首、膝がメイン)に発症し、粉砕骨折したばかりのところを万力で潰され、それを大ハンマーで鼓動に合わせて思い切りぶっ叩く痛みに何日も襲われるのだが、今回は幸いにも痛みのピークが短く、更には刺激を与えずで居れば、ムズムズとした違和感、多少の発熱と軽い腫れという、信じられない程の軽い(自己判断)症状だったのが、恐ろしいほどにラッキーだった。

 

だから、ボルタレンと冷水の効き具合が良かったのだろう。

 

f:id:chan-saka:20181108195059j:image

 

結果的に、演奏は通常通り、患部の痛みを全く感じずだった ‼︎

 

もし演奏中に激痛が来やがったら…なんて云う大きな不安もあったが、成し遂げる事が出来た。

 

胸をなで下ろすと云うことの意味がわかったね。

 

それにしても、演奏出来た安堵感は途轍も無く巨大なものだった。

見えざる守護の力をはっきりと感じた。

御先祖様、有難う御座います ‼︎

 

f:id:chan-saka:20181107213602j:image

f:id:chan-saka:20181107213609j:image

 

そんなウルトララッキーとも言える今回の発作だったが、実は過去2回のそれに於いても、正にラッキーとしか言わざるを得ない状況に助けられていた驚愕の事実がある。

 

何だってんだ、それは一体 ‼︎

 

. . . ?

 

それは次回に書くとしよう ‼︎

 

〜 Coming Soon ¡¡ 〜

 

f:id:chan-saka:20181107215504j:image

 

f:id:chan-saka:20181107215612p:image

 

 

と、言うワケで御座いまして、暫くは痛風発作の話にお付き合い頂くことになりますが、よろしいでしょうか ⁉︎

いえーい ( ꒪⌓꒪) ...彡

 

ありがと ~ 御座います !  

ちゃん坂でした ~ ~ ~  (๑˃̵ᴗ˂̵)✌︎

 

まう ! まう !

 

               【 Chan-Saka 】

                ↓ Instagram

https://www.instagram.com/telezume

 

 

 

 

 

ヒランヤの、

Green, Steel & Asphalt、ちゃん坂です。

 

10月2日に千葉LOOKさんにおきまして、怒髪天の「一揆一友TOUR 〜権べ & 田吾〜」のオープニングを飾らせて頂きましての、昨日は 柳ヶ瀬ANTS さんにての2本目が終了しております。

 

ホテル朝食の鶏ちゃんが、やはり美味かった。

いくらでも行けますね!

 

f:id:chan-saka:20181007161858p:image
f:id:chan-saka:20181007161908j:image

 

てなわけで、先日「ホルスの杖」なるオカルトグッズを紹介しましたが、今回はもう少しメジャーな「ヒランヤ」に再登場してもらいましょう。

 

以前に出したヒランヤは、ちっさいシールでしたが、今回は自分が25年ほど前に原宿のパワーグッズショップで購入した「かごめ」というヒランヤ商品です。

 

当初は枕の下に置いて寝たり、オーディオアンプの下に忍ばせて音が良くなった感を確認したりしたもんです。

実際の効果はわかりまへんが、そういう実験をする事が楽しかったんですね。

 

f:id:chan-saka:20181007172928j:image

素晴らしい存在感。

 

この歳になって、再びこう言った細かいパワーグッズを引っ張り出して使ってみるのも面白いもんです。

相変わらずハッキリとした効果といったものは感じられませんがね。

夢があっていいと思っております。

 

あの当時はいろんな商品があったんですが、今目立つのは「ダイワコーポレーション」さんのペンダントぐらいでしょうか… 。

なんか寂しい気もしますね。

 

f:id:chan-saka:20181007160300j:image
f:id:chan-saka:20181007160305j:image

パワーストーン系では、水晶やラピスラズリなんかが有名ですね。

ラピスなんかは、愛と平和をもたらすとされていましたが、採掘地のアフガニスタンにはそのようなイメージを抱くのが困難で有るという事実も、皮肉ということになるのかな?

 

f:id:chan-saka:20181007161512j:image

 

皆さんも愛用のパワーグッズなんかをお持ちでしょうか。

もし何処かに仕舞っている状態のものがあれば、久しぶりに引っ張り出して使ってみるのもいいのではないでしょうか!

 

f:id:chan-saka:20181007162152p:image
f:id:chan-saka:20181007162158p:image

 

 

                【 Chan-Saka 】

                ↓ Instagram

https://www.instagram.com/telezume

 

 

ファラオ

涼しくてほっとする、チャンサカです。

 

 オカルトです。


ところで皆さん、「ホルスの杖」と云うオカルトグッズをご存知でしょうか。


古代エジプトにおいて、神官など権力者達だけが所持していた特別な力を持つ、別名「ファラオの円筒」と言われる神具を現代に蘇らせ、一般人にも手軽に手にすることが出来るように(予想)と製造され、一時期販売されていた商品で御座います。

 

二本セットになっており、一本は銅、もう一本は亜鉛で出来たパイプ状のものです。


一体それが何なの?と云う事なんですが、先ずこれを両手に(右に銅、左に亜鉛)持ちましてから、座って寛いだり横になったりと、とにかくリラックスする訳です。


それでこのホルスの杖が、どのように作用するかなのですが、左右に握られた銅と亜鉛によって電気が発生し、それが人体内を駆け巡るわけですね。


そしてその電気の作用が(ビリビリくる訳ではありません)、日々の健康増進に繋がると云うことらしいのであります。


また、深く瞑想することによりましての「願望実現」の効果も期待出来ると、これ相成っておるわけで御座います。


エジプト古代遺跡から発掘された多くのファラオ像の手には、このパイプが両手に握られているのが確認できるようです。


古代エジプト人の神官の偉い方々は、神秘の力を得る術を知っていたと云うことなんでしょうね。


いやぁ、素晴らしい。


それを現代人向けに商品化すると言う発想は、オカルトグッズクリエイターにとっては、至極当たり前のことであったのではないかと容易に想像することが出来ますね。


やはり信念でしょうか。


そんなわけで実物の写真がこちらです。


f:id:chan-saka:20180922201417j:image


いやぁ、素晴らしい迫力ですね。


何かやべえなとも思える、言ってみればなかなか無い異様な雰囲気を醸し出しております。


因みに勿論、通信販売で購入しました。


もう二十年以上前なんですが、今も現役さんで、たまに使ってますよ~。


そんでその効果の真偽は!と云う所なんですが、自分の場合、このホルスの杖を握ってリラックス状態を作ると殆どの場合寝ます。


寝てしまうんですね。

 

何らかの作用が働いたことによる睡眠誘導効果があった、と云う事なんでしょうね。


やはり微弱な電気が、私の体内を駆け巡っていたようであります。


流石ファラオに伝わる神秘のパワー。

 

恐ろしい… 。


結果的に通販によって、自分もファラオの神官達と同じ体験が出来たと言うことで、非常にと言いますか、とてつもなくお買い得なグッズのゲットに成功していたと云うわけです。

 

宇宙レベルじゃないでしょうか。


残念ながら自分の所持する製品は、現在入手困難です。


言うなればより進化した、自分の持っているモノとは全く別物の「ホルスの杖」と云う商品はあるようなので、興味のある方は検索してみておくんなさい。

 

f:id:chan-saka:20180922202455p:image
f:id:chan-saka:20180922202512p:image
f:id:chan-saka:20180922202501p:image
f:id:chan-saka:20180922202450p:image
f:id:chan-saka:20180922202507p:image


それでは今夜もオカルトで一杯 !

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆お知らせ☆
10月22日(月)

下北沢BAR?CCO にて、Telezume Band ライブ

共演はグリーンハイツ

 

★ソールドアウトになってます。

当日券などの情報は少々お待ちください。

恐縮です。

 

Please have white sweet hot milk 

北海道胆振東部地震支援ライブ~ 


出演

グリーンハイツ 【清水泰次(怒髪天)/松原浩三(MILK&WATER )】

TELEZUME, 【坂詰克彦(怒髪天)/小園竜一(グループ魂)/ヒロティ(ex毛皮のマリーズ)】

and more!! 


開場 19:00 / 開演 19:30

 

            ✪ ✪ Chan-Saka ✪ ✪

                ↓ Instagram

https://www.instagram.com/telezume

 

 

 

 

 

 

 

北海道

そしての、ちゃん坂です。

 

今回の北海道胆振地方を震源とする地震により被害を受けた方々に深くお見舞い申し上げます。

 

当日の朝、余市の実家に電話が繋がらず、マザーの携帯は電源切れコールでまさかと思って深刻でしたが、実家のすぐ近所に住む妹に電話が繋がり、見に行ってもらったところ、被害は殆ど無しだったらしく一安心しておりました。

 

妹の家の方も大きな被害は無いようで、まったくもってホッとしました。いやぁ、ほんと、妹が近所で良かった‼︎

 

ここのところの甚大なる被害を齎す自然災害の多さに、未来への不安は募るばかりであります。

 

自然を操作するのは難しく、事が起き始めてから備えで対応するしかない状態にも、限界が生じやすくなって来ているのかもしれません。

 

f:id:chan-saka:20180908061053j:image
f:id:chan-saka:20180908061058j:image
f:id:chan-saka:20180908061056j:image

6発…整然!

 


f:id:chan-saka:20180908061726j:image
f:id:chan-saka:20180908061718j:image

f:id:chan-saka:20180908061728j:image
f:id:chan-saka:20180908063313j:image

電気は重要だよな…

 


f:id:chan-saka:20180908061720j:image

ゴツイ君。

 

 

f:id:chan-saka:20180908064255j:image
f:id:chan-saka:20180908064245j:image
f:id:chan-saka:20180908064250j:image

竜神大吊橋。青い鉄だ。

 


f:id:chan-saka:20180908064655j:image
そういうシステムなんだな。

 

 

 

f:id:chan-saka:20180908062534p:image

じゃぁ、またね!

 

 

                      ✪ Chan - Saka ✪

 

 

 

 

 

サバちゃん〜東京での猫の話〜

あっという間の、、チャンサカです。

 

前回、『ブラックくん』と云う猫に関する話しを書きましたが、もうひとつばかり猫に関する話しがあるのでお届けしたいと思います。

 

「いよいよ東京、何が待っているのかー!!! 」と意気込みながら&戸惑いながら東京へ出て来て三年ほど経った頃、自分は杉並の閑静な住宅街のアパートの一階に住んでおりました。

その辺りは夜は勿論、昼間も非常に静かな環境であり、同じアパートの住人の生活音が無ければ、一日のうちの無音状態の占める割合もかなりの高さを誇る程でありました。

 

f:id:chan-saka:20180829022223j:image

 

あれは確か、そんな初春のある休日の昼下がりのことでした。

横になってタバコを吸いながらテレビゲームに夢中になってた所、背中側に位置する窓から「ガタン」という音が響きました。

何事かと振り返ると、窓に猫の影が!

 

f:id:chan-saka:20180829032012j:image

 

大体そうだと思いますが、部屋の窓には柵が設けられており、両端部分は開口になっていてました。

高さが地面から50cmくらい。

ブロックかなんかが置いてあったと思うので、人も跨いで入ってこれる程な感じでした。

猫であれば何の苦もなく届くでしょう。

 

f:id:chan-saka:20180829022309j:image

 

猫の影を確認したあと、驚きながらも一段落つけようとゲームに戻ってたんですが、猫が何だかカリカリとやっている訳です。

網戸を引っ掻いていたんですね。

そんでこりゃまずいと思い、追い払おうと窓を開けると逃げるコトもなく中に侵入して来ました。

 

コンニャロ、と思ったんですが妙に自然で違和感が無く、「ま、いいか。」と、猫をそのままにして再びゲームに戻りました。

何となくふとブラックちゃんのことを思い出したことも関係していたのだと思います。

 

f:id:chan-saka:20180829022324j:image

 

名前ですが、黒と灰色の縞々だったので『サバちゃん』としましょう。

メシには困っていないであろう太めの体型で、基本サイズも大きめでしたね。

また、ちっさい内蔵LED球が光ってるような首輪をしていたので、飼い猫で間違い無いと思われます。

 

f:id:chan-saka:20180829022339j:image

 

初めはゲームをやりながらも、ウロウロと部屋の中を探索するサバちゃんを何となく気にはしていたんですが、その内ゲームの方の比重が大きくなり、結構熱中してサバちゃんのことも忘れてました。

その後、ふと気づくとサバちゃんは横になっておりました。寝てるようでしたね。

 

それから何十分かしてサバちゃんは起き上がり、窓を開けろ的な仕草をしていたので開けてあげると、ヒョイと出て行ってしまいました。

 

f:id:chan-saka:20180829022402j:image

 

そしてやはりなんですが、サバちゃんがマイルームで休んで行ったのはそれっきりではなく、その後もコンスタントにやって来るようになっていたのです。

 

結構やって来てたなぁ、サバちゃんのやつ。

ある程度間が空くと、「来ないな…。」なんて気になっていましたね。

 

f:id:chan-saka:20180829022503j:image

 

サバちゃんが来ると、先ず網戸をカリカリと引っ掻き、部屋に入るとしばらく寝て帰って行く。

毎度そんな様子でしたから、カリカリされている網戸がだんだん破れて行くわけです。

 

そして網戸はその内ボロボロになっていき、ある日の外出から戻った時に、遂に大きな穴が出現していました。

俺が居なくても「開けろよ!」的な勢いで引っ掻きまくってるんでしょうね。

帰って来て見たら網戸のダメージが大きくなってる!なんて事がよくありました。

 

f:id:chan-saka:20180829022546j:image

 

結局の所、サバちゃんとの関係は別に劇的なものがあるでもなく、ふとやって来てから寝て行くだけってなもんでした。

ただ、それがごく当たり前のコトにはなっていましたが。

 

f:id:chan-saka:20180829022638j:image

 

それから一年ほど経って、引越しでそこを引き払う時に、部屋のダメージを査定に来た不動産屋さんが網戸の状況を見て、

「ああ、これは完全に交換修理ですね。」と、修理費用を加算していたんですが、その電卓を確認した時に思わず、

「これを破ったのは俺じゃないんですよ!」と、サバちゃんに請求してくれ!と言わんばかりのニュアンスで説明していた自分を思い出します。

 

f:id:chan-saka:20180829023819j:image

 

と、言うのがオチで御座いましたという猫にまつわる話だったんですがね。

いやぁ、なんか不思議な生き物ですよね、猫は。

ブラックくん&サバちゃん、未だによく思い出します...。

 

f:id:chan-saka:20180829022928j:image

 

               【 Chan-Saka 】

                ↓ Instagram

https://www.instagram.com/telezume

ブラックくん。

キュー、レビュー…  、ChaN-saKaです。

猫の可愛さと云うものには、なかなか計り知れないものがありますが、たまに不思議、または神秘さが伴うこともあるのではないでしょうか。

 

あれは自分がまだ20歳で札幌に住んでいた頃(1K・2F)の事です。

夏の休日の昼下がりにボケっとテレビを見ていたら、猫が喧嘩しているらしい激しい鳴き声が聞こえて来ました。

 

f:id:chan-saka:20180823071121j:image

 

60秒くらいやってたので、そんなにか!と思って窓を開けて下を見ると、ブロック塀の上で二匹の猫が威嚇しあってます。

白に黒い斑点の子と、もう一方は所謂黒猫で真っ黒いやつでした。

正に「漆黒の」というやつでしたね。

 

一体どうなるのかなと様子を伺っていたら、ほんの少し引き気味だった黒い方が退散するに至りました。

喧嘩の終わった後の静けさが、また何とも心地よかったのを覚えております。

 

f:id:chan-saka:20180823071303j:image

 

そんなことがあって何日か経った、ある日の夕方ぐらいだったでしょうか…。

 

外出からアパートに戻って来た時、階段の入り口の辺りに、恐らくはその時の黒猫が佇んで(またはウロウロしていたか記憶的に定かではない)おりました。

 

「あれ?どうしたの?」的な感じで頭のあたりを撫でて、じゃあなと階段を上がったんですが、その子も後をついて来たんですな。

なんか可愛かったんで追い払ったりせずにドアを開けると、スゥッと中に侵入して行ったんですよ。

 

名前を仮りに「ブラックくん」としておきましょう。

 

f:id:chan-saka:20180823071325j:image

 

そんで、初めはすぐ追い出そうと思ったんですが、ミルクを器に注いだのを出してやったら、勢いよく舐めていたので暫くほっておきました。

ミルクを舐め終わったブラックくんは、部屋の中をウロウロした後、横になって暫くの間ダラダラしていました。

それから多分1~2時間後だったと思うんですが、ドアの前に移動して出たそうな素振りを見せたのでドアを開けてやると、サっと飛び出して階段を降りていってしまいました。

 

f:id:chan-saka:20180823071406j:image

 

なぜ俺に懐いたのか不思議でしたが、その後もブラックくんがマイルームのドアをカリカリして俺に開けさせて侵入し、暫く休んでは去って行くと云うことが何回もあり、何となくそれが当たり前のようになっていました。

 

仰向けになって雑誌を読んでいる俺の上半身をベッド代わりにして、ゴロゴロ言いながら寝てたこともありましたな…。

 

余程暇を持て余していたか、または居心地が良かったんでしょうかね…。

 

f:id:chan-saka:20180823071442j:image

 

そんなある日、いつもの様にやって来て寝ていたブラックくんの存在をすっかり忘れていた自分は、そのまま彼を置いて外出してしまったことがあったのです。

ブラックくんが来て休んでいくのが殆ど日常的になっていたので、あんまし気にしないようになっていたんだと思います。

 

そんで夜に帰宅して、暗闇で照明を点けた瞬間ですよ。

そこには、灯りに照らされて眼をギランと光らせた真っ黒い生物の存在がー!!!

ブラックくんが部屋の中に居ることなど、全く以て忘れ去っていて頭にほんの少しもなかったわけですから、あん時ゃホントに全身ビグゥーーーッ!! てな具合で。

飛び上がって後ろにひっくり返りそうなくらいのものでしたね。

 

わりー、すまん!と思ってドアを開けると、物凄い勢いで出て行ったっけなぁ…

 

f:id:chan-saka:20180823071512j:image

 

そんなことがあったのが原因からか、パッタリとブラックくんが来なくなって暫く経ちまして、季節はすっかり冬になり寝雪の上に粉雪の降り積もるある夜のことです。

 

時間ははっきり覚えていないが、恐らくは8時または9時くらいだったと思います。

テレビを見ながら寛いでいると、外から結構激しめな猫の鳴き声が聞こえて来たのです。

階段の下辺りからだったので、玄関ドアを開けて下を確認してみました。

そのアパートは自分の部屋のドアを開けるとすぐ階段があり、一階の入口の辺りの外の様子が見えるのですが、雪の降る中なんとそこにあのブラックくんの姿が!!  …驚きました。

 

f:id:chan-saka:20180823071634j:image

 

ガッチリ視線が合い、彼はまた鳴き声を上げます。

更に驚いたのは、彼は単独ではなく、見た感じからして恐らくは雌であろうと思われる、真っ白い子を横にピッタリと連れ添わせて居たのです。

 

それは、まるで彼女が出来たので、俺にその子を紹介しに来たかのような行動に見えました…。

う~ん、恐らくはそうだってのではないでしょうか。何となく雰囲気で分かり合えた気がしたような…。

 

f:id:chan-saka:20180823071838p:image

 

俺を覚えててくれて、暫くぶりに来てくれて、更には彼女も連れて来た。外は真冬の雪の降る寒い夜。

 

俺は、ブラックくんが先導して彼女と共に階段を上がってくるのを期待して待っていたんですが、15秒ほどして彼らは歩き去って行ったのでした。

 

少しでも中に入って暖まって行けば良かったのに、何故か立ち去って行った。

この辺も何か理由があったのか、その当時からですが今となっては更に謎であります。

 

f:id:chan-saka:20180823071748j:image

 

それ以来は彼らを見かけることもなく、春が来て自分はそのアパートから引越し、正に二度と会うことはありませんでした。

 

f:id:chan-saka:20180823071715j:image

 

ブラックくん、俺のことをどう思っていたのかなぁ…と、今でも思い出すことがあります。

 

次回はまた別の猫の話を書こうと思っております~。

 

☆緊急お知らせ☆

8月24日(金) ~明日~

恵比寿・頭バー ZUBAR

URASUJI 20th

TELEZUME, DJ出演致します~

Come On Please !!

 

                            【 Chan-Saka 】

Instagram

https://www.instagram.com/telezume